陳列展覧

専用機陳列ホール

専用機展示ホール
時間:2016-01-19

イリューシン14型—678号旅客機は旧ソ連政府が1957年8月に周恩来総理に贈った専用機であり、共和国初代総理が乗っていた初の専用機である。この専用機は全長21.3M、翼幅31.7M、高さ7.8M、重さ12,300キロ、最高飛行高度は6500M、最長飛行距離は3200キロである。周総理は1957年から60年代半ばにかけてこの専用機に乗って、国内各地のほか、ベトナムや朝鮮など周辺国を訪問した。秘密保持のため、この専用機には678と600という二つの機号が交替で使われていた。1958年、周総理がこの専用機に乗ってハルビンから北京に戻る途中、いったん天津に着陸した。現在、専用機は周恩来が青年時代に勉学に励み、戦っていた第二の故郷――天津に戻り、偉人の英霊を伴い、周恩來・鄧穎超紀念館に恒久的に陳列することになっている。

住所:天津市南開区水上公園西路9号

電話:86-22-23592257 86-22-23591821

郵便番号:300074  
版権所有者:周恩来鄧穎超記念館
津ICP備15008662号
Tel:022-23592257/23591821
E-mail: zhoudeng1@mzhoudeng.com